Amazon厳選タイムセール実施中!

Reactのできること・特徴と学習できるプログラミングスクール・教材3選

Reactの特徴と学習できるプログラミングスクールと教材3選

気になる人

Reactをこれから勉強したから、オススメのプログラミングスクール教材を知りたい

上記の疑問に答えます。

 

こんにちはガンマです。

 

最近ReactがJavaScriptのフレームワークで人気が増加してますね。

 

そんな中で、これからReactを学びたいけど、どこで学べるか、またどんな教材があるのか知りたい方もいるのではないでしょうか?

 

今回はそんな方々にReactが学べるオススメなプログラミングスクールと学習教材を紹介します。また、Reactを習得することで実現可能な「働き方」、「生活」についても紹介します。

 

この記事を読めば、Reactを最速で学べる方法についてわかりますよ。

 

本記事の信頼性

私自身、実際プログラミングスクール(テックエキスパート)に未経験から通って、エンジニアになっています。

今までに、私はプログラミングスクールに100万以上投資しているので、プログラミングスクール事情については、普通の人より多くの情報を持っています。

これからエンジニアになりたい人にこの経験をお伝えできればと思います。

 

Reactとは

Reactとは

 

React.js(リアクトジェーエス、単にReactとも呼ばれます)は、あのFacebookで有名なFacebook社が開発を行っているJavaScriptのフレームワークです。

 

2013年にリリースされ、年々どんどん人気が上がってきているフレームワークです。React.jsのプログラムはオープンソースとして公開されているので、さまざな改良が日々行われています。

 

Facebookという大企業が力を入れて開発をおこなっているので、改良が速く品質も高いのですごく信頼性が高いフレームワークといえます。

 

Reactの特徴・できること

Reactの特徴・できること

 

  • UIが作りやすい
  • モバイルアプリが開発できる
  • 一度学べば何度もかける

 

では一つずつ解説してきます。

UIが作りやすい

 

React.jsはUIの機能追加に特化しており、ユーザーが使いやすいUIを作りやすくしてくれます。

 

UIがわからない方に簡単に説明しとくと、「UI(ユーザーインターフェース)」というのは、ユーザーとコンピューターが情報をやりとりするための操作画面や操作方法のことを指します。

 

WEBアプリをスマホで見ているときの商品名のフォント、サイズや、クリックする「購入ボタン」の色など、ユーザーとモノの接点となる「見た目」の部分を指します。

 

また、出来るだけユーザーが操作しやすいように高速で動作するので、効率よくプログラム処理を行います。

 

モバイルアプリが開発できる

 

iOSやAndroid向けのモバイルアプリが開発できる「React Native」というフレームワークも提供されています。

 

簡単なモバイルアプリであれば、SwiftやJava言語といった専用アプリと遜色ない動作をするので最近注目を集めています。

 

React.jsを学ぶことでさまざまなアプリを作ることができるようになります

 

一度学べば何度もかける

 

Reactは、開発スタイルを統一さえすれば一度の学習で多くの分野で知識を再利用できます。

 

そのため、新規機能を追加、実装する場合でも、既存のコードを書き換えることなく、その部位だけReact.jsを使って開発を行うことが可能です。

 

モバイルアプリ・WEBアプリにもすぐに導入できる手軽さも、Reactの最大の特徴の1つです。

Reactできないこと

Reactできないこと

 

万能なReactでもできないことや作れないものもあります。

 

例えば、AIや機械学習はできません。

 

一応頑張ればできないことないですが、機械学習がPythonなどが向いているのでReactではあまりオススメしません。

 

なので、もしAI、機械学習がやりたいなら、以下のPythonが学べるプログラミングスクールで学習するといいでしょう。

 

合わせて読みたい

【もう迷わない!】Python、人工知能(AI)、機械学習を学べるプログラミングスクール【もう迷わない!】Python、人工知能(AI)、機械学習を学べるプログラミングスクール

Reactを習得すると実現できる生活

Reactを習得すると実現できる生活

 

ではすこし視点を変えて、Reactを習得すると実現できる「生活」、「働き方」を紹介しますね。

 

Reactを習得してできる未来

  • 週2〜3勤務
  • 年収1000万円
  • ノマド生活・在宅勤務

こういったことがReactでは実現することができます。

 

では一つずつ解説してきます。

週2〜3勤務

 

サラリーマンだから、週5日で働かないといけないという考えはもはや古いです。Reactエンジニアの場合週2〜3日勤務の案件も多いです。

 

実際に私の友人はエンジニアとして週3日程度で働き、仕事しないときは、旅行にいったり、仕事をしたりのんびり暮らしています。Reactエンジニアの場合は収入がいいので週3日でも、生活できてしまうんですよね。

 

効率よく生活したい方には魅力的な職業です。

 

年収1000万円

 

Recatを習得すると年収1000万円で生活することも可能です。

実際、フリーランス案件の多いレバテックで紹介している案件が以下の通り。

引用:レバテックフリーランス

月100万なので、年収にすると1200万になります。

 

またこういった案件がたくさんあるので、フリーランスエンジニアになった場合はレバテックに登録していきましょう。

>>レバテックフリーランスを無料登録する

 

このようにReactを学ぶことで年収1000万は可能になります。

ノマド生活・在宅勤務

 

Reactを学ぶことで在宅ワークやノマド生活をすることができます。

 

フリーランスのWebエンジニアは、リモートで作業すること多いので、パソコンとネット環境さえあれば、どこでも仕事ができます。

 

特に、Reactエンジニアを欲しがっている企業はそういう働き方を導入していることが多いです。ですので、Reactを習得することで、在宅勤務、ノマドで生活することができます。

 

実際に私自身も週に一回はリモート作業をしていいという仕組みがあるですが、控えめに言っても最高です。私自身、都内近郊に住んでいますが、朝の満員電車に乗ることや通勤時間を削ることができるので、生活が本当に楽になりました。

 

また、エンジニアは朝が弱い人が多いので、早朝は決まった時間はなく、フレックス時間内にしっかりを仕事をしていれば、文句は言われません。

 

繰り返しますが、控えめに言ってもWebエンジニアが最高にいいですよ。

 

Reactを最速で身に着ける方法

Reactを最速で身に着ける方法

 

結論は以下の方法がオススメです。

 

Reactを最速で学習する方法

  1. プログラミング学習サイトで基礎学習(期間:1週間〜2週間)
  2. プログラミングスクールに本格的に通う・教材を買う(期間:2〜3ヶ月間)

 

上記のとおり。

 

プログラミング学習サイトで基礎学習(期間:1週間〜2週間)

 

プログラミング学習サイトでプログラミングの基礎を勉強しましょう。

 

Progataドットインスールでいいと思います。

 

具体的には、Progateでは以下のコースを学習をしとけがいいかと。

 

  • HTML
  • CSS
  • Ruby
  • Ruby on Rails
  • コマンド操作

 

このコースを理解するまでしっかり勉強しておけばある程度はついていけると思います。

 

ドットインストールではJavaScriptに慣れるためにも基礎構文の書き方と簡単なアプリが作成できる程度までやっておけばいいと思います。

 

  • 詳解JavaScript 基礎文法編
  • 詳解JavaScript オブジェクト編
  • JavaScriptでおみくじを作ろう
  • JavaScriptで三択クイズを作ろう
  • JavaScriptでストップウォッチを作ろう

 

実際に作ったアプリがこちら⇨JavaScript-practice

 

楽しくプログラミングを覚えることができるのでProgataドットインスールはオススメです。

 

関連【完全無料!】Reactが学べる学習サイト5選とおまけ

 

プログラミングスクールに本格的に通う・教材を買う(期間:2〜3ヶ月間)

 

基礎を学んだら、ここから本格的に「プログラミングスクールに通う」か「教材を買う」方がいいです。

 

理由としては、独学では挫折する可能性があるからです。

 

私も未経験から独学でプログラミングを勉強していた時は、エラーが出過ぎて解決する方法がわからずに、1週間程度で挫折してしまいました。

 

しかし、プログラミングスクール(テックエキスパート)通っていたときは、わからないことをすぐ聞けるメンターさん、一緒に勉強を頑張り、切磋琢磨し合える仲間・同期がスクール生がいるので、効率よくプログラミングを学ぶことができます。

 

合わせて読みたい

【卒業生が語る】TECH::EXPERT(テックエキスパート)の実態を徹底解説してみた!【卒業生が語る】テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)の実態を徹底解説してみた!

 

ですので、独学でプログラミング勉強を挫折しないためにも、プログラミングスクールにかようことをオススメします。

 

人気記事【完全版】現役エンジニアがオススメするプログラミングスクール5選とおまけ

Reactが学べるプログラミングスクールと学習教材

Reactが学べるプログラミングスクールと学習教材

結論からいうと、Reactを勉強するなら下記の3つがおすすめです。

では詳しく詳しく解説します。

Code Village

Code Village

 

Code Villageの特徴
  • 学べる言語:JavaScript(React)
  • 受講制限:なし
  • 受講形式:教室 + オンライン
  • 料金:385,000,440,000円(税別)
  • 期間:3〜4ヶ月
  • サポート体制:◎
  • 転職・就職支援:◎

 

 

Code VillageはJavaScriptに特化したプログラミングスクールです。

 

Code Villageは自社でオリジナルな学習動画コンテンツを持っており基礎から発展的な応用まで学ぶことができます。

 

また、平日毎日オンラインで質問できる環境、土日の授業でも授業前後に質問できる環境を用意し、サポートしており、挫折せず頑張れる環境を提供します。

こんな人におすすめ!

  • JSに特化した内容を学びたい
  • 転職・就職支援・案件を紹介してほしい
  • 返金保証つきがいい

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

TECH BOOST(テックブースト)

Tech boostの特徴
  •  学べる言語:Ruby,PHP,JQurery,React.js
  •  受講制限:教室に来れる方(東京)
  •  受講形式:教室 + オンライン
  •  料金:フルコース:社会人:309,200円、学生:208,400円(入学金+月額料金×3の合計金額)
  •  期間:3か月
  • サポート体制:◎
  • 転職・就職支援:◎

TECH BOOST(テックブースト)はAIやIoT、ブロックチェーンなど今後必要になる最先端技術も学べ、エンジニアになるために必要な環境を完備しているプログラミングスクールです。

 

プログラミングスクールの中では、価格が低いため、安くプログラミングを勉強した方にオススメのスクールとなっております。

 

こんな人におすすめ!

  • 最新の技術を学びたい
  • PHP/Reactなどについても学びたい
  • 転職・就職支援・案件を紹介してほしい
  • 返金保証つきがいい

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

Front Hacks(フロントハックス)

Front Hacks(フロントハックス)

 

Front Hacksの特徴
  • 学べる言語:JavaScript,Reactなど
  • 受講制限:なし
  • 受講形式:オンラインのみ
  • 料金:149,800円(買い切り制)
  • 期間:無制限
  • サポート体制:◎
  • 転職・就職支援:〇

 

Front HacksはJavaScriptの知識を基礎から応用まで身につけられるような学習カリキュラムで、完全未経験からWebフロントエンドエンジニアを目指せる動画学習サービスです。

 

講師はつよぽん(@tsuyopon_xyz)という現役エンジニアとして「月100万」稼いでいる方です。

 

最新の技術のReact, Reduxまで身につけることができ、「自走力」「自己解決力」が身につけることができます。

 

自走力」「自己解決力」はWebエンジニアとして働く上では重要なスキルになるので、これらが身についけることで、Webエンジニアとして「就職・転職」を成功させることができます。

 

また、転職サポートがついてくるため、安くプログラミングを勉強してエンジニアとして転職したい方にはオススメです。

 

こんな人におすすめ

  • Reactなどフロントエンドの技術を学ぶことができる
  • 教材のクオリティが高い
  • LINE@によるサポートがある

 

クリック

★LINEで質問し放題★

 

コスパで選ぶならFront Hacks!

 

スクール・教材の料金比較
Front Hacks149,800円
TECH BOOST309,200円
CodeVillage440,000円

 

上記の価格を比較してみてわかるように、Front Hacksが圧倒的に安いですね。コスパで選ぶならFrontHacksですね。

 

クリック

★安くReactが学べる★

 

フロントエンジニアへの転職で選ぶならCode Village!

 

フロントエンジニアへの転職で選ぶならCode Villageがオススメです。

 

Code VillageはJavaScriptに特化したプログラミングスクールで、人材会社と提携した独自の求人紹介(就職・転職・インターンの全領域をカバー)をしてくれます。

 

フロントエンジニアになりたい方へCode Villageで決まりですね。

 

クリック

★独自の求人転職サポートがある★

まとめ:迷ったら行動しよう

まとめ:迷ったら行動しよう

今回はReactが学べるオススメなプログラミングスクールと学習教材のご紹介しました。

 

プログラミングを勉強した人はまずプログラミングスクールの無料体験とカウンセリングを受けてみましょう。

 

プログラミングスは独学でも学ぶことは可能ですが、未経験からだと9割は挫折します。

 

私も実際にプログラミングを独学で勉強して挫折を経験し、独学をあきらめ、プログラミングスクールを通うことを決めました。そのおかげで、エンジニアとして就職することができました。

 

また、いつまでもネット上で情報収集してもきりがないですし、行動しなければ何も始まりません。

 

ネット上には色んな情報が飛び交っているので、まずは自分の足を運んで、実際に目で見て、スクールの雰囲気感じて、メンターさんや講師の方に今抱えて疑問や悩みをしっかり相談してもらいましょう。

 

 

人気記事【2020年度】未経験エンジニアが登録しおくべき転職サイト厳選6選!

人気記事【完全版】現役エンジニアがオススメするプログラミングスクール5選とおまけ

Q&A

Reactとは?

React(リアクトジェーエス、単にReactとも呼ばれます)は、あのFacebookで有名なFacebook社が開発を行っているJavaScriptのフレームワークです。 2013年にリリースされ、年々どんどん人気が上がってきているフレームワークです。 React.jsのプログラムはオープンソースとして公開されているので、さまざな改良が日々行われています。

Reactできること・特徴は?

Reactでできることは、UIが作りやすい、モバイルアプリが開発できる、一度学べば何度もかけるです。

Reactできないことは?

AIや機械学習はできません。 一応頑張ればできないことないですが、機械学習がPythonなどが向いているのでReactではあまりオススメしません。 Python学べるスクールについては記事内で紹介しているのでそちらをご覧ください。

Reactを習得すると実現できる生活は?

Reactを習得すると実現できる生活は、週2〜3勤務、年収1000万円、ノマド生活・在宅勤務です。詳しくは記事をどうぞ

Reactが学べるプログラミングスクールと学習教材

CodeVillage|親身な指導で実力をつける Tech Boost|最先端技術にも学べる Front Hacks|月商100万稼いだエンジニアから学べる です