Amazon厳選タイムセール実施中!

【最悪!?】Code Village(コードヴィレッジ)の評判・口コミ・魅力を調べた感想

【最悪!?】Code Village(コードヴィレッジ)の評判・口コミ・魅力を調べた感想

気になる人

  • Code Village(コードヴィレッジ)って本当にいいの?
  • Code Village(コードヴィレッジ)の口コミ・評判・料金は?
  • プログラミングスキルが本当に身につくの?

上記の疑問に答えていきます。

こんにちはガンマです。

 

最近、エンジニアとして実力がつくCode Villageがかなり人気ですね。

 

そんな中でこれからエンジニアになりたいからCode Villageに通ってみたいけど、「本当によいスクールなのか」気になる方もいるのではないでしょうか?

 

そこで、今回は、Code Villageについてプログラミングスクールに通ったことのある私が口コミ・評判を詳しく調べてみました。

 

また、Code Villageの口コミや評判だけでなく、メリット、デメリットも含めて徹底解説していきます。

 

この記事を読み終える頃には、Code Villageと他のスクールの違いがしっかり分かるようになりますよ。

 

本記事の信頼性

私自身、実際プログラミングスクール(テックエキスパート)に未経験から通って、エンジニアになっています。

今までに、私はプログラミングスクールに100万以上投資しているので、プログラミングスクール事情については、普通の人より多くの情報を持っています。

これからエンジニアになりたい人にこの経験をお伝えできればと思います。

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

無料カウンセリング受講者限定

この記事からCodeVillageの無料カウンセリングを受けた方に限定で「転職で役立つポートフォリオのテンプレート」を無料でプレゼントさせてい頂ききます。

無料カウンセリング受講者は私のツイッターDM(ガンマ)にご連絡してください!

無料カウンセリング受講者限定適用は予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。

 

Code Village(コードヴィレッジ)の概要

Code Village(コードヴィレッジ)の概要

基本情報
場所全国各地
価格385,000,440,000円
期間3〜4ヶ月
コース内容・マークアップ基礎
・JavaScript基礎・応用
・React・Git
学べる言語JavaScript(React)
受講形態自己学習・マンツーマンサポート
就職サポート有り
受講区分オフライン受講のみ

 

CodeVillageはJavaScriptに特化したプログラミングスクールです。

 

CodeVillageは自社でオリジナルな学習動画コンテンツを持っており基礎から発展的な応用まで学ぶことができます。

 

また、平日毎日オンラインで質問できる環境、土日の授業でも授業前後に質問できる環境を用意し、サポートしており、挫折せず頑張れる環境を提供してます。

 

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

Code Village(コードヴィレッジ)のコース内容

Code Village(コードヴィレッジ)のコース内容

 

 

CodeVillageは学習カリキュラムをする前に事前学習があり、基礎編と応用編に分け学習します。

 

Code Villageの事前学習内容

 

「基礎編」

  • Lesson1 HTML基礎
  • Lesson2 CSS基礎
  • Lesson3 構造の理解、デザイン基礎
  • Lesson4 実践サイト制作(ヘッダー編)
  • Lesson5 実践サイト制作(アイキャッチ編)
  • Lesson6 実践サイト制作(擬似クラス・共通分の記述理解編)
  • Lesson7 実践サイト制作(プロパティ応用編)
  • Lesson8 実践サイト制作(font awesome編)
  • Lesson9 実践サイト制作(配置や値の指定方法応用編)
  • Lesson10 実践サイト制作(アクセス・フッター編)

 

基礎編ではWEBサイトのフロントエンドの技術(HTML/CSS,JavaScript)を勉強して、実際にサイト制作を作れる段階まで勉強します。

 

「応用編」

  • Lesson11 sassの概要理解・レスポンシブデザインの概要理解1
  • Lesson12 sassの実際の使用方法の理解
  • Lesson13 reset.cssの理解・レスポンシブデザインの概要理解2
  • Lesson14 実践コーディング1
  • Lesson15 実践コーディング2
  • Lesson16 実践コーディング3
  • Lesson17 実践コーディング4
  • Lesson18 実践コーディング5

 

応用編ではサイト制作をより効率にするための言語SassとReactを用いたcssの記述方法を勉強していきます。

 

事前学習である程度基本的なプログラミングについて学べるなんてありがたいですね。

ガンマ

 

Code Villageの実践学習内容

 

CodeVillageの学習内容は事前学習で学んだ内容で実際にReactを使ってアプリケーションを作成していきます。

 

レッスン内容は大きく分けると以下のとおりなります。

  • JavaScript基礎・応用
  • React基礎・応用
  • Git基礎・応用
  • チーム開発
細かいレッスン内容
ガイダンスJSの技術の全体像の説明 + GitReact 基礎①ライブラリとは・フレームワークとは・React
マークアップ/HTMLマークアップ基礎力養成+事前学習定着度確認React 基礎②Component
JavaScript基礎①変数・数値とリテラル・文字列処理・配列React 基礎③Props, States
JavaScript基礎②条件分岐・ループ・関数React 応用①HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURL
JavaScript応用①基本的なデータ構造・JSONReact 応用②静的Webサイトホストによるホスティング
JavaScript応用②関数型プログラミングの概略・高階関数(関数を受け取る関数)チーム開発の心得①NPM/Yarn・パッケージマネージャ
JavaScript総括オブジェクト指向プログラミングチーム開発の心得②Git (CUI) + GitHub (ITS, wiki)
DOM①DOMの基礎・HTTPサーバ・C/Sモデル・ドメインとURLチーム開発の心得③ソフトウェアアーキテクチャ(PoEEE, DDD)
DOM②DOMのAPIチーム開発の心得④CI/CD, ビルド環境, ツールチェーン

 

Reactを利用した簡易的なWebサイト、アプリケーションを作成できる内容になっています。

 

学習内容どおり勉強すれば、フロントエンジニアとして現場で活躍できるレベルまでしっかり学ぶことができますね。

 

Code Villageの概要がわかったところで次に、Code Villageのデメリットについて紹介していきます。

 

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

Code Village(コードヴィレッジ)のデメリット

 

デメリット
  • Reactしか学べない
  • 料金が少し高い

では順番に説明していきます。

 

Reactしか学べない

Reactしか学べない

CodeVillageでは基本的にReactしか学べません。

 

フロントエンジニアに特化したプログラミングスクールなので、HTML、CSS、JavaScriptといったWebサイトの見た目を扱う言語を主に勉強します。

 

なので、簡易的にアプリケーションが作成できるRubyやAI(人工知能)、機械学習は学べません。もしRubyやAI、機械学習が学びたい方は以下の記事をご覧ください。

 

合わせて読みたい

【もう迷わない!】Python、人工知能(AI)、機械学習を学べるプログラミングスクール【もう迷わない!】Python、人工知能(AI)、機械学習を学べるプログラミングスクール 【完全版】20社からRubyが学べるプログラミングスクールを厳選してみた【もう迷わない】Rubyが学べるプログラミングスクールを厳選してみた

料金が少し高い

料金が少し高い

Reactが学べるプログラミングスクールと比べると料金が少し高いです。

 

実際にReactが学べるプログラミングスクールを以下の通り。

スクール・教材の料金比較
CodeVillage440,000円
TECH BOOST309,200円
Front Hacks149,800円

上記を見てわかる通り、他のプログラミングスクール・教材と比べてると少し高いといった感じでしょうか。

 

転職付きで最近はやりのReactが学べることを考えると安い気がしますが、コスパで選ぶなら「Front Hacks」の方がいいですね。

 

Front HacksはJavaScriptの知識を基礎から応用まで身につけられるような学習カリキュラムで、完全未経験からWebフロントエンドエンジニアを目指せる動画学習サービスです。

 

講師はつよぽん(@tsuyopon_xyz)という現役エンジニアとして「月100万」稼いでいる方です。

 

最新の技術のReact, Reduxまで身につけることができ、「自走力」「自己解決力」が身につけることができます。

 

自走力」「自己解決力」はWebエンジニアとして働く上では重要なスキルになるので、これらが身についけることで、Webエンジニアとして「就職・転職」を成功させることができます。

 

また、転職サポートがついてくるため、安くプログラミングを勉強してエンジニアとして転職したい方にはオススメです。

 

クリック

★LINEで質問し放題★

合わせて読みたい

【辛口評価】Front Hacks(フロントハックス)の評判は悪い?最悪?リアルな口コミだけを調べた感想【辛口評価】Front Hacks(フロントハックス)の評判は悪い?最悪?リアルな口コミだけを調べた感想

Code Village(コードヴィレッジ)メリット

 

メリット
  • フロントエンドに特化した技術が学べる
  • 一人一人に専属メンターがつく
  • チーム開発ができる

では順番に説明していきますね。

 

フロントエンドに特化した技術が学べる

 

Code Villageではフロントエンドに特化した技術が学ぶことができます。

 

先ほどもCode Villageのカリキュラムで説明したとおり、HTML、CSS、JavaScriptなどWeb制作にかかわる内容の言語を学べます。

 

フロントエンドは今熱いです。

 

近年、JavaScriptでのWeb開発が盛んにおこなわれているため、どこもフロントエンドエンジニアが足りない状況になっています。

 

また、BUSINESS INSIDERで紹介された「【2020年版】給与や満足度が高いテック系の仕事トップ20」の記事でフロントエンドエンジニアは給料&満足度ともに堂々の一位を獲得しました。

>>BUSINESS INSIDERの記事を見る

 

フロントエンドエンジニアになれば、ノマドワーカーリモートワークで働くことができるため、将来的にフリーランスエンジニアになりたい方はオススメの職業ですね。

 

ですので、これからエンジニアになりたい方は働き方も、給料もともにいいフロントエンドエンジニアになるためにCode Village受講して効率よくエンジニアを目指しましょう。

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

関連記事Reactのできること・特徴と学習できるプログラミングスクール・教材3選

 

一人一人に専属メンターがつく

 

Code Villageでは、生徒一人一人に専属のメンターがつき、学習相談をメンターに行うことでモチベーションを維持してくれます。

 

またキャリアサポートでは、就職・転職・インターンなどそれぞれの生徒様のキャリアに合わせてご提案させて頂いており、フリーランス希望者には案件の取り方のアドバイスも行ってくれます。

 

受講者一人に付き一人メンターさん付くなんてとても贅沢だな。

俺もこんなスクール通いたかった😢

ガンマ

 

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

チーム開発ができる

 

Code Villageでは通学制の受講者に1クラス 8〜10名の少人数クラスで授業を行います。 そのためレッスン中も複数の講師に気軽に質問できます。

 

また、スクラム型の学習形式で同じクラスの仲間とモチベーションを維持できます。

 

一緒に切磋琢磨し合える仲間がいるのはいいですね。

スクールに通って、ITエンジニアとしてつながりを広げていきましょう。

ガンマ

 

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

関連記事【完全無料!】Reactが学べる学習サイト5選とおまけ

 

Code Village(コードヴィレッジ)の評判・口コミ

 

CodeVillageの評判・口コミをまとめました。参考にどうぞ。

 

悪い評判

 

上記の意見を見てみるとかなりスパルタみたいですね。

 

私もプログラミングスクール(テックエキスパート)を受講しましたが、短期間で膨大な量の内容をインプットとして、それをすぐにアプリケーションを動かすために、アウトプットするので、学習内容はかなりきついです。

 

しかし、それを乗り越えたら、現場で活躍できるエンジニアになれると思うで、しっかりプログラミングの勉強しましょう。

合わせて読みたい

【卒業生が語る】TECH::EXPERT(テックエキスパート)の実態を徹底解説してみた!【卒業生が語る】テックキャンプ エンジニア転職(旧テックエキスパート)の実態を徹底解説してみた!

 

良い評判

 

「これからエンジニアなるためにCode Village通いました」という方や「カウンセリングの話きいて面白そう」など前向きの意見が多いです。

 

それだけCode Villageが魅了的ということですね。

 

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

Code Village(コードヴィレッジ)申し込み手順

STEP.1
Code Village(コードヴィレッジ)申し込み手順
STEP.2
Code Village(コードヴィレッジ)申し込み手順
STEP.3
入力したら、「プライバシーポリシーに同意」をチャックして送信
Code Village(コードヴィレッジ)申し込み手順

Code Village(コードヴィレッジ)申し込み手順

STEP.4
予約終了したら完了!Code Villageからの連絡を待ちましょう
Code Village(コードヴィレッジ)申し込み手順 

まとめ:迷ったら行動しよう

まとめ:迷ったら行動しよう

今回は、Code Villageの評判・口コミ・魅了についてご紹介しました。

 

プログラミングを勉強した人はまずプログラミングスクールの無料体験とカウンセリングを受けてみましょう。

 

プログラミングは独学でも学ぶことは可能ですが、未経験からだと9割は挫折します。

 

私も実際にプログラミングを独学で勉強して挫折を経験し、独学をあきらめ、プログラミングスクールを通うことを決めました。そのおかげで、エンジニアとして就職することができました。

 

また、いつまでもネット上で情報収集してもきりがないですし、行動しなければ何も始まりません。

 

ネット上には色んな情報が飛び交っているので、まずは自分の足を運んで、実際に目で見て、スクールの雰囲気感じて、メンターさんや講師の方に今抱えて疑問や悩みをしっかり相談してもらいましょう。

 

無料カウンセリング受講者限定

この記事からCodeVillageの無料カウンセリングを受けた方に限定で「転職で役立つポートフォリオのテンプレート」を無料でプレゼントさせてい頂ききます。

 

私自身が実際にエンジニアとして転職するために作ったポートフォリオのノウハウが詰まったものなので、これからエンジニアとして転職したい方にはオススメのものとなっています。

無料カウンセリング受講者は私のツイッターDM(ガンマ)にご連絡してください!

無料カウンセリング受講者限定適用は予告なく終了する場合があります。予めご了承ください。

クリック

★今なら無料カウンセリング実施中!★

 

人気記事【2020年度】未経験エンジニアが登録しおくべき転職サイト厳選6選!

人気記事【完全版】現役エンジニアがオススメするプログラミングスクール5選とおまけ

 

Code VillageのQ&A

Code Village(コードヴィレッジ)とは?

Code VillageはJavaScriptに特化したプログラミングスクールです。 Code Villageは自社でオリジナルな学習動画コンテンツを持っており基礎から発展的な応用まで学ぶことができます。 また、平日毎日オンラインで質問できる環境、土日の授業でも授業前後に質問できる環境を用意し、サポートしており、挫折せず頑張れる環境を提供します。

Code Village(コードヴィレッジ)のデメリットとは?

Reactしか学べない 料金が少し高い

Code Village(コードヴィレッジ)メリットは?

フロントエンドに特化した技術が学べる 一人一人に専属メンターがつく チーム開発ができる

Code Village(コードヴィレッジ)の評判・口コミは?

いい評判が多いです。メンターさんが親切やカリキュラムがわかりやすいなど高評価ばかりです。

Code Village(コードヴィレッジ)の料金は?

通学コースは440,000円、オンラインコースは385,000円です。