Amazon厳選タイムセール実施中!

【現役エンジニア】がオススメするRubyの勉強法

気になる人

  • Rubyのオススメの勉強法は?
  • 未経験からプログラミングを勉強する方法は?
と疑問に思っている方の悩みを解決できる記事になっています。

こんにちはガンマです。

現在エンジニアとして都内で働いていますが、かつてはプログラミングについて右も左もわからない状態でした。

最近、未経験からエンジニアになりたい方が急増しているので、今回は、その方々に向けて、実際に未経験からエンジニアになった私がオススメの勉強を紹介したいと思います。

本記事の信頼性

私自身、実際プログラミングスクールテックエキスパートに未経験から通って、エンジニアになっています。

これからエンジニアになりたい方々にこの情報をお伝えできればと思います。

Progate

プログラミング初心者ならまずはProgateで勉強することをオススメします。

Progateは環境構築なく、ゲーム感覚でプログラミングを勉強でき、圧倒的なわかりやすさを売りにした学習サービスです。

Progateで勉強をおすすめするコースは以下の通りです。

  1. HTML
  2. CSS
  3. Javascript(ES6)
  4. JQuery
  5. Ruby
  6. RubyonRails(2周ぐらい)
  7. SQL
  8. CommandLine
  9. Sass
  10. Git

Webアプリ開発で必要となる基礎知識なので、とりあえず、Progateで上記のコースを学習をオススメします。

実際に、私がProgateで勉強したときのレベルがこちら

ここまでレベルを上げる必要はないですが、基本的にProgateは楽しくをプログラミング勉強できるサービスになっているので、コースは通りやりましょう。

※月額980円ですが、書籍や本を買うよりも圧倒的にコスパがいいので、1か月、2か月だけ課金してプログラミングの勉強してみるといいと思います。

★誰にも楽しくプログラミングを学べる★

Skill Hacks(スキルハックス)

Progateでプログラミングの基礎を固めたら、今度は自分でサービスやWebアプリケーションを作りたいと思う方が多いと思います。

そこでオススメするのはSkill Hacksです。

Udemyやドットインストールで勉強するのもいいですが、独学で勉強していると、どうしてもプログラミングエラーやわからないことがでてきます。

Skill Hacksではフリーエンジニアとしても活躍していた、迫さんがいつでも、LINE@で教えてくれるので、挫折することなくプログラミングを勉強することができます。

なので、Skill HacksでWebアプリケーションやポートフォリオをつくってみましょう。

★挫折せずプログラミングを学べる★

Skill Hacksについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

スキルハックス【辛口評価】Skill Hacks(スキルハックス)の評判は悪い?最悪?リアルな口コミだけを調べた感想

プログラミングスクールに通う(オススメはポテパンキャンプ)

プログラミングである程度できるようになったって、本気でエンジニアとして就職したいならプログラミングスクールに通うことをオススメします。

やはり、独学ではプログラミングを勉強することはかなり難しです。

しかし、プログラミングスクールを通うと、就職・転職サポートがあるので、プログラミング未経験方でも、無理なく、エンジニアに転職することができます。

その中でも、私のオススメはポテパンキャンプです。

ポテパンキャンプは、受講者の転職98%の実績があり、また就職先を自社内開発しか紹介していないので、Webエンジニアになりたい方にオススメのプログラミングスクールです。

なので、「本気エンジニアなりたい」、「将来リモートワークでエンジニアとして活躍したい」方はポテパンキャンプを受講してみてください。

注意
ポテパンキャンプは受講する際に選考があるので、しっかりとプログラミングに対する向上心をアピールしましょう。

★無料カウンセリング受けてみる★

ポテパンキャンプについて詳しく知りたい方はこちらへ

【現役エンジニアが語る】POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)の評判・口コミ【現役エンジニアが語る】POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)の評判・口コミ

もしポテパンキャンプの選考に落ちた場合

ポテパンキャンプさんは本気でエンジニアなる方しか採用してくれません。

なので、ポテパンキャンプの選考で落ちた方は、ほかの転職サポートがあるプログラミングスクールのあるところを受講してみてください。

下記にオススメのプログラミンスクールを紹介しときますね。

おすすめプログラミングスクール

基本的に、全てのプログラミングスクールのカウンセリングを受けることをオススメします。

理由としてネットで書いてあることは信憑性が薄い内容の記事もあるので、なにが本当の内容かわからないと思います。

なので、実際に自分の足でプログラミングスクールのカウンセリングを受けて、自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことをオススメします。

また、プログラミングスクールのカウンセリングはすべて無料なので、損することありません。

実際に、私も、プログラミングスクールの受講を決めるまでに、全てのプログラミングスクールの無料カウンセリングを受けてから、テックエキスパートの受講を決めました。

なので、これからプログラミングスクールを受講したいと思ってる方は上記のプログラミングスクールのカウンセリングを全部行くことをオススメします。

プログラミングスクールについて詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ

【完全版】現役エンジニアがオススメするプログラミングスクール5選とおまけ

本格的にエンジニアを目指す入門

プログラミングスクールでECサイトのクローンアプリなどを作ったりすることができれば、もう技術書などで学んでいい時期でしょう。

これまでプログラミングスクールや独学でまなんだ内容が覚えられていなかったしても、それが技術書で解決されると思います。

でも「技術書たくさん種類があって、どれを選んでいいかわからない」と感じている方にいると思います。

そこで、私が実際に役に立ったオススメの本5選を紹介していきます。

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド 

一般的な入門書と同じく簡単なアプリケーションの作成を通じてRailsにを学習するという流れの上に、初心者が現場で指摘を受けそうな実践的な話が盛り込まれている。

平易な文章とわかりやすい図があるので入門書としては参考になる本です。

プロを目指す人のためのRuby入門

これ1冊だけでRuby (Railsは除く) について深く学ぶことができる。今まで読んだ中で一番わかりやすかったです。

また、実際にirb で試しながら読むのがいいと思います。

ゼロからわかる Amazon Web Services超入門

最近やはりのAWS。

AWSの基礎がわかる内容で、EC2やRDS、Route53の初期設定作業を覚えていく入門書です。
ほとんどの章は、新規にAWSアカウントを作成する人であれば、1年間の無償利用の範囲内で進められます。

Amazon Web Services 基礎からのネットワーク&サーバー構築 改訂版

AWSを全く触った事ない人でも、一通りの構築演習が出来るので、良かったです。
ほんの内容を理解するのに、丸一日かければ最後までいけます。

IPアドレス、TCP/UDP、DNSの概念などネットワーク知識も学べる優しいつくりです。

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

スタートアップ企業やイケてるベンチャーでよく使われるDocker。

必要な情報が分かりやすい文章でズバリと書かれていて非常に読みやすい。
また、ちょっと突っ込んだ情報は「コラム」として別枠で書かれているのも良かった。
これからDockerやK8sを始める方は持っていて損のない書籍だと思います。

ここら辺の本は、多くの勉強会でも紹介されてる本ので、業界内でも評価の高い技術本です。

余裕がある方は購入してみましょう。

まとめ

プログラミング学習において、教えてくれる・聞ける環境はプログラミング学習上でとても重要です。

プログラミングの勉強中にエラーがでたり、バグが発生したりして、大半の人が挫折します。

また、教えてくれる人がいるといないでは大きく学習効率が違います。

私も実際テックエキスパートに通って、未経験からエンジニアになることができました。

なので効率よく勉強したい場合はプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

カウンセリング自体は無料なので、気になる方はぜひお近くのスクールに足を運んでみてください。

★無料カウンセリング受けてみる★

合わせて読みたい

【完全版】現役エンジニアがオススメするプログラミングスクール5選とおまけ 【2020年度】未経験エンジニアが登録しおくべき転職サイト厳選6選!