【限定紹介】テックキャンプをお得に受講する方法とは?

プロフィール

             

「GanmaBlog」にようこそ!

当サイトにお越しいただきありがとうございます。

 

未経験からエンジニアになる方法や役出す情報を発信していきたいと思います。

また、個人で稼ぐ方法や役立つの教材なども記事にしますのでよろしくお願いします。

また、パソコン音痴だった私が、プログラミングスクール(テックキャンプ )に通い、しっかり勉強して都内のWebエンジニアになった経緯を詳しく書いていきます。

 

今の会社で不安に感じてる人、Webエンジニアに興味がある人に自分の経験を共有することで、より早くWebエンジニアに転職してもらいたい!という気持ちでサイト運営しています。

 

このサイトを作った詳しい経緯と、ダメダメだった私の経歴も紹介します。

管理人について

管理人について

ガンマ

  • 年齢:20代
  • 性格:大人しい(男友達とはワイワイやりますが)
  • 居住地:都内
  • 職業:エンジニア
  • 趣味:カラオケ、筋トレ、アニメ
  • 好きな食べ物:赤身の肉
  • なぜエンジニアなったきっかけ:海外のエンジニアYoutubeを働き方に憧れを抱いたから⇨実際にその動画こちら
  • SNS:@ganma_beyond

大学生活編

大学時代は、理系だったので、文系のような「毎週のように飲み会」、「カラオケオール!」などの楽しい大学生活とは程遠い人生を送ってました。

 

趣味といえば、ゲームとアニメぐらいで、夏休みは誰とも遊ばずに毎日アニメを朝から晩まで見て、ただ寝るだけの生活を送る感じでしたね。(今思えば、少しもったいなかったかなと思ってます。けど、最高の夏休みでした笑)

 

そして大学4年になると、就活が始まり、怠惰で堕落した生活を辞め、しっかりと人生を見つめ直すかと思いきや、全くそんなことな気が起きませんでした。

 

それはそうですよね。人間すぐに変われません。

まあ、でも就活は今後の人生でも重要なターニングポイントなので、なるべく上場企業に入ることは決めてました。

 

そして、希望どおり、上場企業の通信建設会社に入社が決きまったのです!!

 

親も「良かったね〜」「これで人生は安泰だよ」と言ってくれて、自分自身もほっとした気持ちになりました。そして、その後の大学生ライフも何も問題なく時が過ぎていきました。

 

 

社会人生活前編(新卒から目覚めた興味)

春になり、蔓延に桜が咲く季節、私は新卒として社会人デビュー。

なりたての頃は、正直もっと大学生活が続けば良かったなと思っていましたが、あのまま怠惰の生活をしていたら、人間終わりそうだったと考えたら、「このままではだめだ、すこしでも会社員らしくならないと」と気持ちを改めて、会社に出社してしたね。

 

ある程度大きな会社だったため、研修期間もかなり長く、ビジネスマナーから技術研修などを幅広くやったのを覚えてます。(建築系のいろんな資格持ってます笑)

 

また、人間関係については、同期が地方の人が多かったので、すこし肩身が狭かったですが、一人だけ、とてつもなく話が会う関西人の同期がいて、そいつと毎日のようにくだらない話ばかりしていました。

 

ここでは関西人の同期をS君と呼びますね。

S君の紹介

S君の紹介

 

S君はとにかく東京の人をバカにすることが好きで、遊ぶ時も自分が帽子をかぶって、少しおしゃれしていると「さすが東京人、めっちゃカッコえーわ〜〜」、「自分こんなおしゃれな帽子持ってへんわ、マジ羨ましい〜」などとコテコテの関西弁で人を小馬鹿したような言い方をしてきます。

 

最初は、「こいつ、うぜーな笑」と思ってましたが、高校時代によく男友達にいじられたりしてたので、「ほんまか!、ワイもこれ似合うとおもって、買ったねん!」と東京人が見せる似てない関西人のモノマネをよくしてました。(関西人にこれをやると、かなりムカつくらしいです笑)

 

また、S君は筋トレがめちゃくちゃ好きで、9割は筋肉のことしか考えてません。

 

いつも、会社で会うと、「やばい、筋肉が萎んじゃう。」と言って、バック中をゴソゴソし、専用のプロテインシャイカーを出し、プロテインを飲み始めます。

 

彼曰く、筋肉は常にタンパク質を取り続けないと、筋肉がカロリーとして消費され、筋肉量が落ちてしまうらしいです。(実際にボディービルダーの人は、この手法を適用しており、3時間ごとにタンパク質を摂取しているみたいです笑)

 

正直こいつ異常だなと思ったのですが、その筋トレに対する真剣さや熱意にひかれ、自分も筋トレに興味が湧いてきました。

 

また、研修はいつも定時で終わり仕事が終わって、家に帰っても暇をしていることが多く、大学生活とあまり変わらない毎日を過ごしていたので、俺も筋トレやってみようとS君と一緒に筋トレを始めることにしました。

 

元々ラグビーをやっていたので、器具を使ったトレーニングをしていたこともありある程度、ダンベルやベンチの使い方は得意だったのである程度の重量をあげることができました。

 

実際に初期当時のマックスがこちら↓

  • ベンチプレス:60キロ
  • デットリフト:100キロ
  • スクワット:80キロ

しかし、S君は僕の倍近くの重量を扱うことができたので、伊達に筋トレ歴長くないなと思いました。

 

そこからは、「ヤベー筋トレ楽しい!!」となり、筋トレにどっぷりはまり、週3、4は研修終わりにS君とと一緒に筋トレをしましたね。

そして、みるみる体も変わっていき、扱える重量も増えて、S君と肩を並べる位の練習ができるようになりました!

 

また、最終的なマックスはこちら↓

  • ベンチプレス:100キロ
  • デットリフト:170キロ
  • スクワット:120キロ

初期から1.5倍ほど増幅してますね!

この時から、S君のように3時間に一回はタンパク質を取るためにプロテインやプロテインバーを食べてました。

 

プロテイン関してははマイプロテインを使用してました。

マイプロテインで扱う商品は価格帯も安く、種類も豊富なので、筋トレ初心者やダイエットしたい方にはオススメのサービスです。

また、個人的にオススメの商品はベイクド プロテイン クッキーですね。

タンパク質が豊富なのに関わらず、甘く、食感がお菓子みたいなので、無理な減量している感覚がなく、ダイエットができます。

痩せたいけど甘いもの食べたい方にはオススメの商品ですね!

 

このように、趣味は筋トレをして汗を流し、人間関係もくだらない話ができる友人を持ち、とても幸せな毎日を暮らしてました。

 

が、こんな生活は長く続くわけがなく、自分の人生中でも、最も過酷で辛い、人生が待ち受けていました。

 

社会人生活中編(人生への絶望と友人の別れ)

サラリーマン00072_ヘッダ1

研修もおわりいよいよ、施工管理として初の現場仕事が始まりました。

私は最初に配属された場所は都内から外れたところでした。一応電車でも行けますが2時間半かかるところで自宅からはかなり遠く、正直恥じれくじ引いてしまったと思ってました。

 

まあでも、業務内容はそこまで大変ということもなく、現場の職人さんに施工やり方や工具の使い方など学べたので、とてもいい経験だったなと思っています。

 

現場で経験がつめある程度立った頃、その時の上司に急に呼び出されました。

 

「すまんが、今地方の現場で人手が足りない場所があるので、その現場に行ってくれと言われました。行ってくれ」

 

しかし、この現場の次の配属先が私の人生を大きく変えるものになりました。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせは下記のページからお気軽にどうぞ。
テックエキスパートの割引などの質問も受け付けております。

お問い合わせフォーム